パイロットが使う時計

GMTマスターは中古でも人気スポーツモデル

ロレックスのGMTマスターは当初パンアメリカン航空のパイロットのために開発した時計で、異なる場所の時刻を把握せいる機能をもったロレックスのなかでも唯一のパイロットウォッチとして人気を博してきたモデルです。したがってロレックスの中でも比較的流通量は多いものの、もともと高額品であるため国産の時計などに比べればまだまだ数の少ないモデルとなっています。GMTマスターは売れ筋のモデルだけにロレックス専門店では積極的に買取を行っており、やはり通常の質屋の買取などに比べると専門店の買取のほうが圧倒的に高い価格を提示されることが多くなっています。したがってGMTマスターを買取してもらうのならば商品に詳しい専門ショップがお勧めとなります。

長い歴史をもつ商品です

GMTマスターはその後GMTマスター1へと進化するようになり、2007年には大幅モデルチェンジを行いさらに人気スポーツモデルへと成長するようになっています。この新しいモデルの登場でGMTマスター2といったヴィンテージモデルも市場で再評価されるようになっており、旧型、とくに鮮やかなカラーリングの2トンベゼルモデルに人気が集中するようになっています。したがって旧型のGMTマスターでも買取価格はかなり高くなっているのが実情です。こうした状況をよく理解しているのもロレックスの中古専門店になりますので、確実に高値で買取をしてもらうのであれば、商品に詳しいお店に打診してみるのが絶対お得です。一度商品の問いあわせをしてみれば相手のショップが詳しいかどうかはすぐに判断することができます。